本の感想

スポンサーリンク
ビジネス書

感想「会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから」大西康之

本の概要 この本は日本経済新聞社編集委員の著者が、三洋電機解体について書かれた本です。 2014年5月に刊行されました。日経BP社による発行となっています。
トルーマン・カポーティ

感想「誕生日の子どもたち」トルーマン・カポーティ(訳:村上春樹)

本の概要 この本はトルーマン・カポーティ氏の短編集で、村上春樹さんの翻訳で2002年に刊行され、2009年に文庫化されました。 英語版Wikipedia等を参照したのですが、収録されている作品の初出を全て調べることはできません...
トネ・コーケン

感想「スーパーカブ」トネ・コーケン

本の概要 この本は2017年5月に角川スニーカー文庫から刊行されました。小説投稿サイト「カクヨム」で連載されていた作品の書籍化作品になります(私はカクヨムの方は読んでいませんので、もしかしたら書籍版とは差異があるのかもしれません)。...
赤瀬川原平

感想「肌ざわり」尾辻克彦

本の概要 この本は1980年6月に刊行され、1983年に文庫化、そして2005年に再び文庫化されました。 赤瀬川原平さんが、尾辻克彦名義で書いた小説です。表題作の「肌ざわり」は中央公論新人賞を受賞されているようです。表題作を含...
荻原浩

感想「逢魔が時に会いましょう」荻原浩

本の概要 この本は2018年4月に刊行されました。文庫のみの刊行となっているようです。
悠木シュン

感想「背中、押してやろうか?」悠木シュン

本の概要 この本は2017年12月に刊行された、悠木シュンさんの作品です。「小説推理」に2017年4月から8月にかけて連載された作品の加筆、修正されたものと書いてありました。
大石塔子

感想「ラムネゲッツガール ~僕らは笑う花が好き~」大石塔子

本の概要 この作品は、小説投稿サイトの「小説家になろう」で公開されている作品です。 (リンク) ※リンクをクリックされると「小説家になろう」が提供するウェブページに移動します。
荻原浩

感想「月の上の観覧車」荻原浩

本の概要 この本は2011年の5月に刊行され、2014年に文庫化された荻原浩さんの短篇集です。 短編が8本収録されています。
レイモンド・チャンドラー

感想「大いなる眠り」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1939年にアメリカで刊行された、チャンドラーの長編第1作になります。 旧訳は双葉十三郎さんで、今回私が読んだのは村上春樹さんの新訳で、2012年に刊行され、2014年に文庫化されたものになります。
カメラ

赤瀬川原平さんの魅力について語る

赤瀬川原平さんとは? 私の大好きな赤瀬川原平さんについて語りたいと思います。 詳しいことはWikipediaを見て頂いた方が宜しいかと思われますので、リンクを張ります。 赤瀬川原平
スポンサーリンク