レイモンド・チャンドラー

スポンサーリンク
レイモンド・チャンドラー

感想「大いなる眠り」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1939年にアメリカで刊行された、チャンドラーの長編第1作になります。 旧訳は双葉十三郎さんで、今回私が読んだのは村上春樹さんの新訳で、2012年に刊行され、2014年に文庫化されたものになります。
レイモンド・チャンドラー

感想「さよなら、愛しい人」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1940年にアメリカで刊行されました。マーロウものの2作目です。 旧訳は清水俊二さんで、当時のタイトルは「さらば愛しき女よ」です。現在は村上春樹さんの訳で、現在のタイトルに変更され、2009年に刊行、2011年に文...
レイモンド・チャンドラー

感想「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1949年に刊行された、アメリカの作家、レイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」ものの5作目です。 日本では、この村上春樹さんの新訳版の「リトル・シスター」が刊行されるまで、「かわいい女」というタイトルで、清水...
スポンサーリンク