本の感想

スポンサーリンク
荻原浩

感想「冷蔵庫を抱きしめて」荻原浩

本の概要 この本は2015年に刊行され、2017年に文庫化されました。荻原浩さんの短編集です。
村上春樹

感想「羊男のクリスマス」村上春樹

本の概要 この本は1985年に刊行され、1989年に文庫化されました。佐々木マキさんの素敵なイラストが所々に入っております。絵本と呼ぶには、文が多いかな、と思います。 村上春樹さんと佐々木マキさんの序文が入っていますが、これが...
村上春樹

感想「ふわふわ」村上春樹 安西水丸

本の概要 この本は1998年に刊行され、2001年に文庫化されました。安西水丸氏のイラストと、村上春樹さんのとても読みやすい文が組み合わさった、絵本のような本です。
大石塔子

感想「雨の館と見知らぬ人々」大石塔子

本の概要 この作品は、小説投稿サイトの「小説家になろう」で公開されている作品です。 (リンク) ※リンクをクリックされると「小説家になろう」が提供するウェブページに移動します。
村上春樹

感想「1973年のピンボール」村上春樹

本の概要 この本は1980年の「群像」誌に掲載され、同年に刊行、1983年に文庫化されました。 村上春樹さんの2作品目にあたり、1980年の芥川賞候補にも選ばれた作品です。
村上春樹

感想「象工場のハッピーエンド」村上春樹 安西水丸

本の概要 この本は1983年に刊行され、1986年に文庫化されました。安西水丸さんのイラストがメインで、その間を縫うように村上春樹さんの書いた13の詩というか、短篇が入っています。
隙名こと

感想「『私が笑ったら、死にますから』と、水品さんは言ったんだ。」隙名こと

本の概要 この本は第7回ポプラ社小説新人賞〈特別賞〉を受賞された作品で、今年(2018年)の9月に刊行されました。
荻原浩

感想「なかよし小鳩組」荻原浩

本の概要 この本は、荻原浩さんのデビュー作となった「オロロ畑でつかまえて」の続編になります。1998年に刊行、2003年に文庫化されました。
村上春樹

感想「やがて哀しき外国語」村上春樹

本の概要 この本は1992年から1993年にかけて連載され、1994年に刊行されました。文庫化は1997年となっています。
荻原浩

感想「噂」荻原浩

本の概要 この本は2001年に刊行され、2006年に文庫化されました。文庫化にあたり加筆・修正があったとのことですが、ちょっと文庫になる期間長いですよね(笑)
スポンサーリンク