本の感想

スポンサーリンク
村上春樹

感想「中国行きのスロウ・ボート」村上春樹

本の概要 この本は村上春樹さんの最初の短篇集で、1983年に刊行されました。私の所有している文庫本の奥付は、2007年で改版17刷となっています。
レイモンド・チャンドラー

感想「さよなら、愛しい人」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1940年にアメリカで刊行されました。マーロウものの2作目です。 旧訳は清水俊二さんで、当時のタイトルは「さらば愛しき女よ」です。現在は村上春樹さんの訳で、現在のタイトルに変更され、2009年に刊行、2011年に文...
村上春樹

感想「回転木馬のデッド・ヒート」村上春樹

本の概要 この本は1985年に刊行され、1998年に文庫化、2004年に新デザインとして刊行されました。
荻原浩

感想「サニーサイドエッグ」荻原浩

本の概要 この本2007年に刊行され、2010年に文庫化されています。
荻原浩

感想「あの日にドライブ」荻原浩

本の概要 この本の存在を知ったのは例によって新聞広告です。2009年か2010年くらいですね。確かざっと紹介文も載っていて、こりゃ面白そうだと思い買って読みました。予想通り、非常に面白かったです。現在でもお気に入りの一冊ですね。
荻原浩

感想「誰にも書ける一冊の本」荻原浩

本の概要 この本は2011年に刊行され、2013年9月に文庫が発行されています。
村上春樹

感想「神の子どもたちはみな踊る」村上春樹

本の概要 この本は2000年に刊行されており、2002年に文庫化されています。私が所有しているものは2007年の10刷となっています。
荻原浩

感想「ハードボイルド・エッグ」荻原浩

本の概要 この本は1999年に刊行後、2002年に文庫化され、2015年に文庫の新装版が発売されました。
村上春樹

感想「パン屋再襲撃」村上春樹

本の概要 表題作を含む六つの短編が入った本です。1986年に刊行され、1989年に文庫化されました。私の所有しているものは、2005年の27刷です。
赤瀬川原平

感想「父が消えた」尾辻克彦

本の概要 尾辻克彦氏というのは、芸術家、写真家の赤瀬川原平さんの文学用のペンネームになります。赤瀬川原平さんが亡くなったのが2014年10月、この文庫の奥付を確認すると2005年が文庫の初版、2014年11月が二刷となっており、附属の帯も...
スポンサーリンク