本の感想

スポンサーリンク
荻原浩

感想「オロロ畑でつかまえて」荻原浩

本の概要 この本1998年に刊行され、2001年に文庫になっています。荻原浩さんはこの作品で「小説すばる新人賞」を受賞し、小説家としてデビューされました。他の年度の受賞作をよく見ると、村山由佳さんや篠田節子さんもこの賞を受賞されています。...
トルーマン・カポーティ

感想「ティファニーで朝食を」トルーマン・カポーティ(訳:村上春樹)

本の概要 1958年にアメリカで刊行され、日本では、村上春樹さんの新訳として2008年に刊行されました。それ以前も別の方の翻訳で流通していました。 私の所有する分も2008年の初版で、書店で平積みされていたのをよく覚えています。 ...
村上春樹

感想「風の歌を聴け」村上春樹

本の概要 この本は1979年に刊行された、村上春樹さんのデビュー作です。2004年に新装版の文庫版が刊行されました。この新装版のデザインはハードカバーと同じデザインになっており、佐々木マキさんの印象的なイラストが描かれています。
レイモンド・チャンドラー

感想「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)

本の概要 この本は1949年に刊行された、アメリカの作家、レイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」ものの5作目です。 日本では、この村上春樹さんの新訳版の「リトル・シスター」が刊行されるまで、「かわいい女」というタイトルで...
村上春樹

感想「ノルウェイの森」村上春樹

本の概要 1987年に上下2巻で刊行され、1991年に文庫化、2004年に文庫新装版として、オリジナルのハードカバーと同じデザインで刊行されました。 私の所有する文庫版は、2004年に新装版として刊行されたものの、2006年の8刷(...
スポンサーリンク