本の感想

スポンサーリンク
村上春樹

感想「アフターダーク」村上春樹

本の概要 この本は2004年に刊行、2006年に文庫化されています。エッセイ等で読んだところによると、この本のハードカバーが出た当時評判は良くなかったようですね。私はこの本、最初に読んだときから気に入っている一冊です。
村上春樹

感想「国境の南、太陽の西」村上春樹

本の概要 この本は1992年に刊行され、1995年に文庫化されました。私が所有している文庫は、2005年の35刷のものです。 「ノルウェイの森」のあとに刊行された本で、当時の評判はあまり芳しいものではなかったようです。これは本人がエッセイ...
菅沼拓三

感想「俺はバイクと放課後に 雪が降る前に草津温泉」菅沼拓三

本の概要 前巻に続き、連続刊行の2巻目です。この本は2017年12月に刊行されています。文庫での書き下ろし作品になりす。
大石塔子

感想「探し物はたぶん嘘」大石塔子

本の概要 この本は2016年に刊行されています。帯を確認すると、『小説投稿サイト「小説家になろう」発大人気作!』とあるので、そちらのサイトで連載されていたものが刊行されているようですね。
荻原浩

感想「コールドゲーム」荻原浩

本の概要 この本は2002年に刊行されており、2005年に文庫化されています。私が所有している文庫は2011年で21刷となっています。
村上春樹

感想「女のいない男たち」村上春樹

本の概要 この本は2014年に刊行され、2016年に文庫化されました。収録されている短篇が雑誌に掲載されたとき、内容で抗議があり、内容の一部は雑誌掲載時と違っているそうです。しかし村上春樹さんも書いている通り、内容に大きな違いはありません。...
村上春樹

感想「職業としての小説家」村上春樹

本の概要 この本は2015年に刊行され、文庫になったのは2016年です。文庫になる前から、ずっと欲しいと思っていたのですが、なかなか買う踏ん切りがつきませんでした。
菅沼拓三

感想「俺はバイクと放課後に 走り納め川原湯温泉」菅沼拓三

本の概要 この本は2017年11月に発行されています。文庫での書き下ろし作品とのことです。 作者のツイッターを拝見すると、新聞広告にも載っていたらしいのですが、その時は全く気がつきませんでした。もしかしたら新聞によって載っている、いないが...
荻原浩

感想「金魚姫」荻原浩

本の概要 この本は2015年に刊行されました。ハードカバーを購入しました。 私は基本的にハードカバーって買わないんです。文庫のほうが持ち運びに便利ですからね。 それでもこれを買ったのは、単純に荻原浩さんの新刊を読みたかったからです。
荻原浩

感想「オロロ畑でつかまえて」荻原浩

本の概要 この本1998年に刊行され、2001年に文庫になっています。 荻原浩さんはこの作品で「小説すばる新人賞」を受賞し、小説家としてデビューされました。 他の年度の受賞作をよく見ると、村山由佳さんや篠田節子さんもこの賞を受賞されてい...
スポンサーリンク