感想「風の歌を聴け」村上春樹

本の概要

この本は1979年に刊行された、村上春樹さんのデビュー作です。2004年に新装版の文庫版が刊行されました。この新装版のデザインはハードカバーと同じデザインになっており、佐々木マキさんの印象的なイラストが描かれています。

購入時期・再読回数

購入したのは2005年ですね。この年に、友人から私(中古のスバル)の人生が、村上春樹さんの小説の登場人物っぽいといわれ、興味を持ち初めて村上春樹さんの翻訳ではない小説を買いました。

再読回数は10回くらいですね。そのくらい読んでると思います。

あらすじ

「僕と鼠」シリーズの第一弾です。

大学生の「僕」と、大学生の「鼠」。そして「僕」と行きつけのバーで知り合った「彼女」。その人たちの、1970年8月8日から8月26日までの18日間。

ビールを飲んで、煙草を吸って・・・そんな物語です。

感想

本の概要にも書きましたが、私は村上春樹さんの本って、当時は翻訳本であるJ.D.サリンジャーさんの「キャッチャー・イン・ザ・ライ」しか読んだことがありませんでした。

そして当時私は大学を辞める/辞めないといった時期で、非常に訳が分からない日々を送っておりました。中古のトヨタ・スプリンタートレノでよく海を見に行ったのを覚えています。

そんな時に友人から進められ、初めてこの本を手に取りました。最初はピンと来なかったんですが、自分の中に何かは残りました。だからこそ、この次の物語である「1973年のピンボール」も手に取ったのだと思います。

特にこの小説から受ける印象が顕著なのですが、非常にアメリカ文学の影響を受けています。だから所謂日本の小説とは少し趣が違います。このテイストは、現在の村上春樹さんの作品からも感じることが出来ます。

アメリカ文学に触れたことが無いと、村上春樹さんの作品の印象って、全然違うものになると私は思っています。

もっとも、アメリカ文学に馴染みが無くても、気に入るということもあると思うので、興味があれば是非読んでみてください。現在のテイストとは違う、シンプルだけど奥行きがある物語が味わえます。

この物語って、「僕」と「鼠」を中心に話が進んでいくのですが、その間々に挟まれるラジオのDJのエピソードだったり、「僕」の高校時代のガールフレンドの話だったり、街についての話だったりがとても印象に残るんです。

それはきっと、もう失われてしまった青春の憧憬が、読んでいる最中に蘇ってくるからだと思います。

この本を初めて読んだのは二十歳だか二十一歳の時ですが、そのくらいの時に読めて非常に良かったと思っています。きっと高校生の頃だったら理解できなかったでしょうね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

村上春樹
スポンサーリンク
あとがきは読まない