感想「村上さんのところ」村上春樹

本の概要

この本は2015年1月から5月まで公開されていた同名のサイトを収録した本になります。

2015年1月15日から31日までを質問受付期間として、その後2015年4月30日更新分まで質問の回答を行っていました。

質問終了後もサイトそのものは5月13日まで公開されていました。

村上主義者である私ももちろん質問を送りましたよ。回答はありませんでしたが(笑)。まあこれは回答があった方がラッキーなんですよね。

購入時期・再読回数

この本は2種類あり、通常のハードカバー/文庫と、電子書籍版です。

私は電子書籍版を購入しました。2017の12月に一番安いバックライトのないKindleと一緒に購入しました。

Kindle、すごく便利ですね。紙の本も良いんですが、楽なのは圧倒的にKindleですね。当たり前の話ですが、どんなに厚い本でも本体の薄さは同じですから。

空き時間にちょくちょく読んでいて、3か月くらいかかって読み終わりました。そして再読もつい最近終わったところです。

感想

これまでも、村上春樹さんはこのような質問サイトを設けていて、その都度本になっています。読者とのやりとりが面白いですよね。ニックネームをつけるという企画も過去に行っておりました。

今まで読者とのやりとりでは、安西水丸さんがイラストを担当されていましたが、2014年に亡くなられたので、フジモトマサルさんがイラストを担当しています。フジモトマサルさんも2015年に亡くなられてしまいました。お二方とも素敵なイラストを描かれていたのでとても残念です。

今のところ私が参加できたのは、この「村上さんのところ」だけですね。「少年カフカ」のときはまだ村上春樹さんの小説は読んでいませんでした。過去に紹介した村山由佳さんを愛読していた時期です。

普段インターネット上では村上春樹さんのアンチで溢れていますが(笑)、この本のやり取りでは村上春樹さんに好意的な読者が多い印象を受けます。ご本人もそういった投稿は少なかったと仰っています。

真摯にメールの返信を書いてくれていると考えると、返事が来なくても読んでくれるだけでまあ良いかと思えますよ。電子書籍版は長いですが、空き時間にちょっとずつ読めるのでお勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

村上春樹
スポンサーリンク
あとがきは読まない