感想「ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編」村上春樹

本の概要

この本は1994年に第1部と第2部が刊行され、1年後の1995年に第3部が刊行されました。

文庫化は1997年です。村上春樹さんの8作目の長編小説です。

購入時期・再読回数

購入したのは2007年か2008年くらいだと思います。再読は6回~7回はしていると思いますね。

あらすじ

法律事務所の雑務をしていた、主人公の岡田亨が、仕事を辞めて家のことをしていると、不思議な電話がかかってきます。その電話相手は岡田亨のことを知っていますが、岡田亨は電話の主に心当たりがありません。少し話をして電話を切ります。

そして、岡田亨はいなくなった猫を探しに路地に出かけます。そこで笠原メイという女の子と出会います。

感想

この物語の主人公の岡田亨という男性。この方は間違いなく私の文学ヒーローです。こんなに格好良い主人公には出会ったことありません。

もっとも、この第1部を読んだだけではそこまでの印象を持つのは難しいと思いますが…(笑)。それでも、大事なことなので最初に言いますね。

この第1部はこの大きな物語の導入部です。沢山の登場人物が次々と出てきますが、どの人物も第2部、第3部へと続く非常に重要な人物ばかりです。

まだ岡田亨は、この物語では迷っている印象を受けます。どうしてこうなったのか、を考えています。

そうしてその考えたことが、次の物語へと繋がっていきます。

この第1部では、最後に非常に重要な事件が起きます。その事件こそが、この物語の一番大事なキーになっています。もっとも、それが事件だと分かるには第2部を読まなければ分かりませんが…

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ