感想「ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編」村上春樹

本の概要

この本は1994年に第1部と第2部が刊行され、1年後の1995年に第3部が刊行されました。

文庫化は1997年です。村上春樹さんの8作目の長編小説です。第1部の感想はこちら

購入時期 ・再読回数

購入したのは2007年か2008年くらいだと思います。再読は6回~7回はしていると思いますね。

あらすじ

第1部の終盤で、ある事件が起きます。そして、そこからこの第2部は始まります。主人公の岡田亨は、そのことで非常に混乱します。彼は、井戸の底に行くことを決意します。そしてその井戸の底で、彼はある夢を見ます。その夢はーー。

感想

この第2部が、物語の非常に重要な部分を占めていると思います。もちろん、前回に続き、岡田亨は非常に混乱しています。混乱し、なにをどうすれば良いのか迷います。

読者としても、この物語はこれから先いったいどうなるのだろう?という疑問だらけの感想を抱くと思います。もっとも、その疑問ですら先を読み進める力になるのですが…

中盤の井戸のシーンは、読者にとって非常に驚きだと思います。しかし、読んでいるうちにその驚きでさえ自然に受け止められるようになると思います。

終盤、岡田亨はある登場人物に誘われ、海外へ行くことを決意します。一度はそれを決意するのですが、彼は考えを変えます。このあたりから、彼は一つの目的を見つけます。

その目的こそが、彼を動かすのです。ようやく、彼は何をどうすれば良いのかに気が付きます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ