カメラについて考える その3 ミラーレスは今後の主流になるのか?

一眼レフからミラーレスへ

我がリコーイメージングのPENTAXはミラーレスの流れには乗っていませんが、ソニーが2013年にα7をリリースして以来、いつキヤノンとニコンが同じ土俵に立つかというのがここ数年のカメラユーザーの話題でした。噂もいろいろありましたしね。

そして今年の8月から9月にかけてキヤノンはEOS Rという新機種、RFという新レンズマウント、ニコンはZ 6、Z 7という新機種、Zマウントという新レンズマウントでようやくソニーEマウントフルサイズと同じ土俵に上がりました。

私は新しいカメラの為にキヤノンやニコンのショールームに行くことはないので、まだ実機には触れていません。発売して量販店に置かれるようになったら試してみたいと思います。

ソニーのフルサイズミラーレス

ソニーのα7、α7II、α7IIIはだいたい置いてあるのでいろいろ試してみたことはあるんです。素直に良いと思いましたね。

私は普段は絞り優先かプログラムモードしか使わないへっぽこユーザーなので、細かいことは気になりません。単純に手に持った感じは良かったですね。

しかし初代のα7の大きさは良しとしても、α7IIやα7IIIはちょっと私には大きいかなあとも思いました。センサーサイズが違いますが、あれならPENTAX KPを買いますね。

ミラーレスのメリットとは?

よくミラーレス=小さいといわれますが、ミラーがない分ボディは薄くはなります。フルサイズの一眼レフと単純比較すると確かに小さいです。

しかしミラーレスの一番のメリットって、デジタル一眼レフで悩まされたピント精度の問題がないというのが一番大きいと思うんです。撮像素子がAFを行うわけですからね。

フィルム一眼レフに比べると大きくなってしまったデジタル一眼レフは、ミラーレスであれば小型化できます。

構造上AFモジュールと撮像素子が別のデジタル一眼レフの問題も、ミラーレスであれば解決できます(ミラーレスカメラも動態撮影等問題はありますが)。そういった面ではミラーレスカメラは確かに理想です。

レンズ交換式の今後

おそらく今後の主流はミラーレスになるのは間違いないと思います。というより、なぜ一眼レフではなければいけなかったのか?というところに尽きると思います。

技術的に不可能だったのか、それとも売れているデジタル一眼レフを捨てる必要がなかったのか?

これから先、スポーツなど特殊な状況を除いて、光学ファインダーを使いたいだけという人しかデジタル一眼レフは使われないと思うんです。フィルム時代の機構をずっとずっと今まで使ってきたのは、もしかしたらものすごい奇跡だったのかもしれませんね。フィルムを撮像素子に置き換えただけですから。

でも何と言いますか・・・あのデジタル一眼レフを握った時のしっかり感って、ミラーレスカメラには無いんですよね。華奢な感じが手に伝わります。これは金属とかの問題ではないと思うのです。エンジニアリングプラスチックのニコンのD3400だってしっかり感がありますから。

だらかそういった意味では、今度のキヤノンとニコンの新ミラーレスは非常に期待しています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ